≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/30(月)~9/3(金)まで、ここWewakでNational Medical Symposiumが開かれています。

 

こではPNGで毎年行われている医学系の学会なのです。

今年で46回目。

46回目にして初めてEast Sepikで行われたようです。

 

IMGP4962

↑会場はWewakにある大学(Madangにある大学の教員学校の分校)のキャンパスで行われていました。

IMGP4965

↑ 思った以上にしっかりとした内容の発表でした。

 

臨床の症例報告というよりは疾病調査などの調査研究やPNGで流行しているコレラやHIVの遺伝子解析などのような基礎研究が多いような気がしました。

 

かなり興味深い発表がたくさんあっていい刺激になりました。

と同時に、大学&大学院時代の研究生活が懐かしく思える発表でした。

 

IMGP4959

↑私はシンポジウムの合間に各疾患の啓発ポスターを配ったり、万歩計配って生活習慣病の説明、啓発をしたり。なんやかんやで結局一人ですべて行った形になったので結構大変だった。

P1030727

↑以前から行いたかった奥地でのフィラリア症のサーベイランスの緊急ミーティング。

 

 

この学会でWHOのドクターと国家保健省のフィラリア症サーベイランス担当の人をうちの保健局のボスに引き合わせることに成功。

私、州保健局のボス、州疾病対策員、WHOのマラリア・フィラリア対策のドクター、国家保健省のフィラリア対策プログラムのコーディネーターさんの5人であーたこーだいいながら話が一気に進みました。

 

Sepikの奥地の村と隣のMadang Privinceのすぐ近くの人口千数百人の島の2カ所でサーベイランスをすることになりました。

あとは私がサーベイランスのプランニングと必要経費の詳細を提出して、時期を決定してサーベイランス開始となります。

相当楽しみです。

 

P1030738

↑やはりSepikなのでワニ。ワニを解体しているところ。今日のディナーはワニ肉です。

IMGP4989

↑ディナーはワニ肉を初め、エビ、魚などいろいろ。

P1030751

↑夜は毎日ディナーパーティー。毎晩シンシンショーが行われていました。

IMGP5007

↑来年はWest New Britain州のKimbeで行われるそうです。

 

 

 

本当に予想以上にしっかりした学会でした。

 

 

 

 

今着手している(しようとしている)活動を順調に続けられば、十分発表できるデータが集まるはずなので、来年のこのMedical Symposiumを一つの目標に活動をしていこうと思っています。

 

 

と、同時に、こういう学会でもさっと手を挙げて質問できるくらいの語学力(英語)を頑張ってつけたいものです…。

 

 

 

 

余談ではありますが、私の場合、活動も日常生活もピジン語しか使わないので、本当に英語力が衰えていっています(もともと英語力はないですが)…。

 

ピジン語は英語ととても似ているので、ピジン語が上手になれば英語も上達すると思われるかもしれませんが、全く逆なのです。

似ているからこそ、英語で喋ろうとしても英語より先にピジン語が口から出ちゃうのです。

 

これを機に英語もちゃんと使えるように頑張りたいと思う今日この頃です。

 

 

 

 

とにかく、今回の一番の収穫は、WHOと国家保健省と州保健局をうまく引き合わせて、話を進めることができたことができたのが一番の収穫。

 

これは我ながらファインプレーをしたと思います。

 

 

 

これからさらに忙しくなりそうです。

やいたい事が多すぎて頭がパンクしそう…。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















mah-kun

Author:mah-kun
2010年1月12日~JOCVで感染症対策隊員としてPapua New Guniea (PNG)で活動します★

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。