≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


我が家で8歳の子供と暮らして4日が経ちました。

正直かなり大変です。

この数日を振り返ってみましょう。

 

 

 

<8/13>

Ambunti滞在中からカメラにかなり興味をもっており、しきりに『カメラ貸して-。』攻撃。

もちろん一眼レフは貸しません。

操作の簡単なコンパクトをたまに渡してうれしそうに撮影してました。

でも、扱いが非常に雑。

いつか壊される様な気がしてとても心配。

彼のテンションが異様に高い。

なんとなく、一人でやっていけるか心配だったので同任地の隊員に協力要請、同意してもらる。

月曜から仕事に行かないといけないというと、じゃあ月曜に帰ると本人は言う。

とりあえず、月曜まで頑張ろう。

でも、慣れてきたのかすでに子供特有の欲望に一直線な感じが全開である。

私しか相手する人がいないので、それがすべて私に来るのです。

 

 

 

 

 

<8/14>

朝一から洗礼を受ける。

子供の朝は早い。特にPNG人の子供は早い。

朝5時過ぎ。

『腹減ったー。なんか食べたいー。』の連呼。

あまりに言うのでとりあえずパンを食べさせる。

子供は元気である。

朝6時前から音楽をボリュームMAXでかけ始める。

旅疲れ&超寝不足の体には相当キツイ。

何度注意しても、何度ボリュームを下げても言うことを聞かない。

慣れて来たからか相当わがままになってきている。

外に散歩。あれ食べたいこれ食べたいの嵐。

与えすぎるのは良くないと思い、拒否。

これまたしつこい。

すねる。

これの繰り返し。

夕方、同任地の隊員到着。

彼が神様のように思えた。

やはり、2人で相手するのはかなり負担が減る。

日本食を食べてみたいというので、うどんを作る。

口に合わなかったみたいで、一口で終了。

別の料理を作り直す。

わがままっぷりにもう怒りのボルテージは最高潮。

 

 

 

 

 

<8/15>

また、朝6時前に『腹減ったー。何か食べたい-。』コールで起こされる。

こっちもかなり体力の限界である。

なにせAmbuntiへ出発の日(8/11)から平均睡眠時間3時間なのである。

無視してると寝てる横ででかい声で歌い始める。

もう太陽が昇ってるから起きる時間だという。

なるほど。確かに彼らの価値観では我々がいつまでも寝てるのはおかしいのだろう。

とりあえずたまらんので、パンを食わせる。

そして、また寝に入るとカメラをもってキャッキャ言いながら暴れ出す。

本当にこのままではあらゆる物が壊される。

…案の定カメラ落下。

特に壊れてはいないが、チャンスと思い壊れた事にする。

そして、マジギレする。

超すねる。

この日はビーチに行く予定。

ビーチでカメラ。確実に壊れるような気がしたのでそれだけは避けたかったのです。

でもこの子はビーチでの写真撮影がしたかったそうなのです。

でもやっぱり拒否。

過去最高にすねる。

でも、私もこの子の傾向はつかんできている。

無視してビーチへ。

やっぱりすねてるくせに後からこそこそ着いてくる。

そうやってるうちに機嫌が元通り。

昼食を買いにKai Bar(PNGのいわゆるファストフード的な物)へ。

腹減った。アイスクリームが食べたい。というが拒否。

2日で1Lのアイスクリームをほぼ食べ尽くしているからだ。

また超すねる。

昼食を買ったのに食べないというか受け取らない。

いらないなら食べちゃうぞといって食べてしまう。

しばらくするとまた機嫌回復。

なんにも売っていないところで腹減ったを連呼。

さっき聞いたときいらないってゆっただろ!と切れる。

またすねる。

ビーチについてしばらくすると機嫌回復。

ビーチに来ていた現地人と遊んでる。

久しぶりに安堵の時間。

天国にいるようだ。

なんだかんだで帰宅へ。

またアイスクリーム食べたい攻撃。

でも、本当に持ち金がなかったから拒否。

究極にすねる。

無視して帰宅。

やっぱりちゃんと付いてくる。

ずっとこんな感じの繰り返し。

 

 

 

 

 

<8/16>

今日は仕事。

もう明日帰るから1日くらいいいかと思い職場に連れてくる。

他の職員もたまに自分の子供を連れてくるからだ。

この子は割とシャイで、初対面の人がいるとあの嵐は発生させない。

でも、私と2人の空間になるといつもの通り。

でもまあ、これは使える。

 

 

 

 

 

 

 

与えたいけど、与えすぎたくない。

自由に行動してほしいけど、ちゃんと周囲に迷惑のかからないようにしてほしい。

 

 

 

育児ノイローゼ、育児放棄などの気持がものすごいわかりました。

 

私の場合は期限がありますが、親は期限がありません。

本当に親ってすごいなと思いました。

 

 

 

自分に子供を持つ前に貴重な体験をできたとポジティブにとらえています。

 

 

 

あすの朝か昼にはこの子の父親がWewakに到着する予定です。

無事に引き渡して、無事に嵐が去ることを祈るのみです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















mah-kun

Author:mah-kun
2010年1月12日~JOCVで感染症対策隊員としてPapua New Guniea (PNG)で活動します★

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。