≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日までバイク講習のため首都に5日間滞在していて、首都には色んな物が売ってるし、色んな美味しい食事ができ、色々便利で快適な生活でした。

 

 

 

しかし、任地に帰ってくると、『おかえり~。』と言う声や、首都での滞在の話を楽しみに聞いてくれる職場の人や周りの人がいてて、なんか自分の故郷に帰ってきたような不思議な安堵感がありました。

 

旅行に行って『やっぱり自分の家が一番いいなー。』といった感じ。

 

まぁ、もともと任地は好きな感じではあったけど、まだ3ヶ月弱しか住んでいないのに不思議な感じ。

 

 

 

職場の人の言う『Mangi Sepik(セピックの男)』に近づいたのかなー。

 

ほんとどこでも『住めば都』だと思います。

 

 

 

以上!

スポンサーサイト


この記事へコメントする















mah-kun

Author:mah-kun
2010年1月12日~JOCVで感染症対策隊員としてPapua New Guniea (PNG)で活動します★

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。