≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


患者の親戚である職場関係者と一緒に、以前記事(4/16)で書いた薬物のoverdoesの患者の所に様子を見に行きました。

 

 

以前から様子が気になっていたのですが、あれから20日間でだいぶ回復しました。

IMGP1501

↑肌の色が元に戻っています。

IMGP1500

↑手の傷はまだもうちょっとってとこですね。

IMGP1499-2

↑ 上半身もすっかり綺麗な皮膚に戻っていました。

 

 

本人もだいぶ気分が良くなったみたいで一安心です。

詳しい治療経過等が知りたかったのですが、都合によりこの日は聞けず。

『知りたいことは何でも聞いてくれ。協力してくれた分それくらいはおやすいご用だよ。』

とのことなので、また後日調査したいと思います。

 

 

 

 

もう一つ。

 

 

 

我が愛しの子猫がどっかいってから1週間ちょっと。

昨日、敷地内に新たな住猫がどこからともなくやってきました。

IMGP1508

↑こいつです。妊娠猫です。

 

 

ハウスオーナーさん曰く、『この子は以前うちの敷地にいたけど、突然いなくなった猫なのよ。帰ってきたと思ったら妊娠してるし。また猫が増えるから、この子はまさとが面倒見てね。』

とのことです。

 

 

そして今日、まだ特に何もしてないのにすごいなついてきます。

以前いた子猫級になついてきます。

IMGP1532

↑う~ん、結構かわいいかも。

 

 

まぁ、妊娠してて食事にありつけなかったら母子共にかわいそうだし、元気な子供を産んでいただきたいのでちょっと面倒見ようと思います。

 

 

それにしてもいつ生まれるのだろう。

 

かなり楽しみです。

 

IMGP1498

↑うちによく来るこの雄猫とくっついたらいいのになぁ。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















mah-kun

Author:mah-kun
2010年1月12日~JOCVで感染症対策隊員としてPapua New Guniea (PNG)で活動します★

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。