≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仲良しのガイドが「輸出するカービング(気の彫り物のアート)を集めに色んな村に行くからついていくか?」と誘ってくれたので、年末頃に行おうと計画しているMDA(薬剤一斉投与)の下見も兼ねてSepik Riverに行ってきました。

 

esp-2

今回はガイドの家があるAmbuntiを拠点に周辺の村を回ってきました。

主の目的はガイドのカービング集めですが、訪れる村で診れる患者がいればみるし、半分は仕事の気分で同任地理学療法士H隊員と参加。

 

早速、ガイドのジョセフの村の人から相談を受ける。

IMGP7421

この子は『Hirschsprung病』という先天性巨大結腸症。Wewak総合病院でとったレントゲンも見せてもらったが、確かに腸が異常に肥大化しており、胸部の中身が非常に圧迫されている感じだった。

そのせいもあって、背部の骨格も曲がってたり、胸部の骨格も変形していて、歩行もままならない様子。成長も遅れているようだった。

 

とりあえず、H隊員が歩行の指導をして終了。

 

 

そんなこんなでカービング集め開始。

IMGP7519

Beglamのカービング。これ120cmくらいあってすごい重い。

 

IMGP7564

Ulambanjへは川でボートを降りてそこから徒歩。ずーっと川沿いに道ではなくて川の中を歩いていく。というか、ここの人からすると川は道なようである。

 

IMGP7577

歩くこと約1時間。Ulambanjに到着!村は小高い山の上にあり、綺麗な村。

 

IMGP7580

Ulambanjのカービング。ここはここのデザインがあってほかのところとは微妙に違う。

 

Ulambanjはツーリストがほとんど来たことのない村らしい。故にこのような↓↓事態に。

SPK119

どうやらまっすぐな髪質が珍しいみたいで村人から髪の毛触られまくる。なんか御利益があるかのように空きを付いて触ってくる…。

 

SPK134

写真を取られるのもすごく恥ずかしい様子。Wewakタウンにいてる若造たちとはえらい違い。ものすごい純粋でシャイ。

 

IMGP7640

次にMaioでカービング収集。これまた違った感じのデザイン。

 

IMGP7657

ワニの男性性器。これはインドネシアで薬にされるそうです。

 

IMGP7687

このカービングは先祖代々受け継がれているとても特別なものだそう。ほかのとの違いが全くワカラナイ…。

 

IMGP7731

なんやかんやでバイヤーが収集したカービングをカヌーに詰め込む。カヌーが沈むのではないかと思うくらいの量でした。

なんやかんやで初日終了。

 

 

2日目、初日の運びきれなかったカービングがあるBeglamへ寄った後、Waiwusへ。

 

IMGP7781

ものすごい細い川を突き進み、倒れた竹林の下をカヌーを押して突き進むこと数時間。一緒に行ったWaiusの村人の家についた頃にはもう真っ暗。

 

SPK215

↑これ宿泊したところ。泊まる予定だった小屋の鍵がしまっていたので横にあったHaus kuk(ハウスクック。いわゆるキッチンのような料理をする小屋。)で宿泊。寝ていたら蚊が何匹周辺を飛んでいるか数えられるくらいものすごい量の蚊がいてた。

 

 

蚊の羽音がうるさすぎて数分しか寝れず、人生で一番寝れない夜を越して3日目。

 

IMGP7787

↑こんな細いところをこの細長いカヌーで移動してきました。セピックのカヌーが長細い理由がわかった。

 

宿泊しているところから川沿いに歩くこと約1時間。Waiusの村の中心に到着。

IMGP7823

↑かなり立派なハウスタンバラン。

 

IMGP7860

ハウスタンバランの1枚1枚はそれぞれ物語を持っている。

 

IMGP7870←柱にはもちろんクロコダイルの絵柄。

 

Waiusから隣の村Nagriへ移動。徒歩で約1時間。

こっちの人の1時間は当てにならないからものすごい不安。

 

SPK295

不安をよそに本当に約1時間で到着。川が村の中を横切っているのでこのような1本木を掛けただけ(表面を平らに渡りやすくとかは全くなし)の橋がちらほら。

これ結構怖い。が、現地人は普通の道のようにサクサク歩く(走る)。

 

IMGP7878

Nagriもツーリストがほとんど来ないので、我々日本人のことをものすごく不思議な目で見てた。

 

IMGP7882

 

 

 

←これも超特別・神聖なカービング。先祖代々伝えられて特別なときに使うそう。

 

 

 

 

 

IMGP7888

でも、レプリカと並べても全く違いが分からん…。実際このブログを書いているときには僕もどっちが本物かもう分かりません。

 

IMGP7904Nagriのハウスタンバラン。ここのは小さめ。

IMGP7921

 

 

 

これも超貴重なカービングらしい。カービングにシェルマネー(貝で作られたお金)が巻かれていて高級な品であることはわかるが、違いはやっぱりいまいちわかりません。

 

 

 

 

IMGP7924

クレイポット。なんか愛らしい☆

 

IMGP7926

大人買いした大量のカービングを村人たちが総出でカヌーに運ぶ。本当にとんでもない量のカービングになっちゃってました。

 

IMGP7940

ということで、帰りは相変わらず昔テレビであったような冒険のようなかんじのところをひたすらカヌーで突き進んでいく。

IMGP7972

セピックの夕焼け。ここで見る夕焼けは本当に幻想的。

 

 

この3日間でとんでもない量のカービングの仕入れをしていたが、まだまだ仕入れに行く様子。これをどうやってWewakまで運ぶつもりなのであろうか…。

 

(後半に続く)

スポンサーサイト


この記事へコメントする















mah-kun

Author:mah-kun
2010年1月12日~JOCVで感染症対策隊員としてPapua New Guniea (PNG)で活動します★

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。