≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご存じのとおり3/11に震度7、マグニチュード9.0の地震が日本を襲いました。

 

我が家やにはテレビはなく、日本の災害の情報はインターネットでのテキストでの情報が主で、ネット環境の厳しいPNGでは写真や動画での情報はほんの少ししか確認できていません。それでも、尋常ではない被害があったことは十分に伝わりました。

 

 

1995年1月17日の阪神大震災の事を思い出しました。地震が午前5時46分頃に起きたことをよく覚えています。小さいころから朝が苦手な私には普段は絶対目が覚めない時間帯なのに、この日に限って地震が起こる3分前である午前5時43分頃にふと目が覚めて、こんな時間に自分が目が覚めたことにびっくりして、動いている時計をじっと眺めているときにその阪神大震災が起こったからだ。

 

なんだか不思議な体験であった。

 

当時14歳だった自分は大阪の北摂地域の街に住んでおり、震源地から離れているとはいえ、震度5の地震があり、非常に揺れたことも昨日のように覚えています。そして、テレビで見る神戸の街並みがとんでもないことになっており、学校には被災地からの転校生がたくさん来たこともよく覚えています。

 

今回の災害は阪神大震災を上回る災害だということでただただ驚くばかりです。

 

 

 

ここWewakでも3/12 AM2:00頃に津波が来た。

Wewakの隊員は全員高台にある我が家に避難しに来ていました。

海岸沿いに住む現地の人たちもみんな同様に高台にある知り合いの家に避難していました。

 

職場に行くまでの通勤道路は海岸沿い。

_DSC54136

海岸沿いに住む人のボートが↑こんな感じに道路を挟んだ向こう側に流されていた。

 

海岸沿いの家は、波で家ごと持ち上げられて、数メートル丸ごと移動していた。

_DSC54418

↑このように家の土台になってるブロックからきれいにずれ落ちている。

 

IMG_84116

私のオフィスも海岸に近いため、海側の壁が少し破壊されて、オフィスの中に水が浸水していました。どうやら膝上くらいまで水につかっていたみたいで、低いところにあった書類等はもうめちゃくちゃ。

みんなでお片付け。

 

IMG_84156

↑浸水してコンセントも爆発して壊れた模様。私のオフィスは全体的に電気系統が壊れた。しばらくオフィスで電気が使えないそうです。

 

こういう災害があれば便乗して盗みに入るやつはやはりいます。

特に悪名高いここPNGで盗みが起きないわけがありません。

IMG_84146IMG_84166

↑案の定オフィスのエアコン、冷蔵庫など電化製品系はしっかり盗まれました。あと、筆記用具等も盗まれました。僕の引き出しもあさられた様で、メモ帳、筆記用具、なぜか和英辞書が盗まれました。

こいつは日本語を勉強するつもりなのか…?

使えないくせにとりあえずで盗まれるのが一番腹が立つ!!

まぁ、重要なものは何も置いていなかったのでいいですが。

 

 

私の職場の隣にある州病院も被害があった。

IMG_842410

病院敷地内のメイン道路の東側は↑こんな感じのいつものきれいな南国らしい風景であった。でも、西側(波が来た方向)はあらゆる建物が損傷してました。

 

_DSC55034

↑海岸すぐ近くにある病院のカーペンターさんのいてるオフィス。もうボコボコに壊れていた。

 

_DSC55077

↑カーペンターさんのオフィスの裏側(海側)。壁が完全に津波で壊されています。

 

IMG_84215

↑近くにBarrack(兵舎)があるので、軍の人も協力してめちゃくちゃになった薬品の回収や別倉庫への運搬をしていた。

 

IMG_84185

↑ボイラー室も海側から波が入り、反対側の壁まで壊れていた。

 

_DSC55144

↑コレラ病棟。こちらも海側の壁が完全に壊されている。

 

_DSC55284

↑壁が波の勢いでぶち抜かれている。病院でも備蓄倉庫の食料品など盗難が多数あったそうです。

 

_DSC55344

↑病室は海岸から少し距離があり、1mチョイくらい高床になっているので、大丈夫な様子。患者さんは日本での地震(津波警報?)が確認された時点でみんな避難指示が出ました。

 

 

 

日本の災害はPNGでも大きな話題です。

人に会うたびに『おまえの故郷は大丈夫か??』『家族や友達は大丈夫か??』などと心配され、尋ねられます。

 

そして、各地のPNGの人々も日本のために義援金を集めてくれているようです。

マイケル・ソマレPNG首相も1000万キナ(約3億5000万円)の義援金を日本に送るそうです。

我々JICA PNGでも隊員や職員で寄付を募って募金します。

 

 

 

日本で大変なことが起こっている中、自分は海外にて何もできない状況です。

だからと言って、今ここで帰国するのは違うと思う。

 

今ここで自分のできる、自分がするべき仕事を全うしようと思います。

 

 

どうか、一人でも多くの命が助かること、この先被害が大きくならないことを祈っています。

スポンサーサイト


【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【Re: 津波】
→しえすたさん
コメント返事遅く成ってしましました(汗)
ネットで日本の状況を見た時には本当にたまげました…。
ほんと1日でも早く状況がよくなってほしいと思います。
PNGの人たちも日本の事心配してますー。
【Re: タイトルなし】
→さまさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
なかなか思うように事が進まない日々ですが、ここで自分がやれることをやっていこうと思います。
長い間記事を書かずじまいでしたが、これから時々更新しますのでまたのぞいてみてください。
この記事へコメントする















mah-kun

Author:mah-kun
2010年1月12日~JOCVで感染症対策隊員としてPapua New Guniea (PNG)で活動します★

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。