≪ 2010 03   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2010 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんとなく最近流れが悪い。

特に悪いことがあったとか、嫌な思いをしたとかいうわけではないのであるが、なんとなく流れが悪い。

 

 

おそらく、この一件であろう。

 

 

以前から記述の通り、最近可愛がっている子猫がいます。

おそらく、相思相愛です。

 

ところが、ここ1週間姿を見ないのである。

子猫どころか他の猫も見なくなりました。

 IMGP1459

子猫と↑↑こんな感じで仲良しだった灰色の猫だけよく見かけます。

IMGP1132

最近、↑↑この灰色の猫が子猫がやっていたように甘えてきます。

 

 

そう、子猫の生まれ変わりのように…。

 

でも、結構大きいオス猫なのであんまりかわいいとは思えず…。

 

 

 

ある日の夕方、いつもの通り灰色の猫が『何かごはんちょ~だい★』と甘えてきたので、試しにこいつらの大好きなツナの缶詰を開けて、ベランダでツナ缶の匂いを漂わせてみた。

すると、気が狂ったように今まで姿を隠していた他の猫が猛ダッシュで駆け寄ってきました。

 

 

しかし、子猫の姿ななし…。

 

 

あぁ…ほんとうにどっかに行ってしまったのですね…(泣)

 

 

『まぁ、自分よりちゃんと飯食わせてもらえるご主人様にもらわれたのならあいつも幸せだろう。』

なんて若干凹んだ気持ちで、自分にいいきかせたりしたり。

 

なんか凹んできた所に、都合のいいときだけ駆け寄ってくる奴らにいらついて、ツナの匂いだけさんざん嗅がせるだけ嗅がせて、一口もあげずに『この馬鹿猫が!!』と言って猫を投げて追い出したり。

それでも、何回も入って来るので全扉を閉めて追い出したり、お仕置きしたり。

 

 

 

姿を見なくなった前日の夜(今週の月曜だったかな)、いつも通り夜ご飯を家の中で食べさせてました。

『ちょっといじめてやろう。』と思い、食べ終わったらすぐに部屋からベランダに無理矢理追い出し、わざと視界のはいらないところでしばらく用事をしていました。

最初はいつもの通り、扉を爪でカリカリやっていました。

でも、いつもより爪でカリカリする時間が短くあっさり終了。

そして、いつもならその後もベランダを端から端までうろうろして私を捜してベランダにいてる、もしくはいなくなっても扉を開ける音か私が呼ぶと駆け寄ってくるのですが、その様子がないのです。

 

『やはり慣れてくると動物なんてこんなもんよね…。まぁ、明日の朝またいつもの通り来るだろう。』と思い就寝。

 

次の日、朝出勤する直前に少し鳴き声がしたような…。

でも、本当に玄関を開けて出勤するところだったので特に相手もせずに行きました。

 

 

そう…それ以来姿、鳴き声すら聞かなくなりました。

最後になんか冷たい態度を取ってしまったことに非常に後悔。

 

 

なんか凹む。

 

 

なんか、いつも自分の近くに存在する人や動物、物が突然なくなったら、自分が思っている以上にすごい寂しく思えます。

 

以前、同じ様なこと(もっとシリアスな事ですが)を経験して、今まで冷たく接したり生意気言ってたことに本当にこれ以上ないくらい後悔したのに、なんか似たような事になって改めて反省&なんか凹む。

 

 

やっぱり思いやる心は他人に対してももちろんですが、自分のためにも大切なことですね。

IMGP1329 

↑子猫の代わりになついてくるようになった灰色の猫は割と男前猫。

IMGP1368 

↑捜索中の子猫です。誰か見かけたら教えてください。



スポンサーサイト

こんにちは。

任地Wewakに来て2ヵ月、PNGに来て3ヵ月が経ちました。

 

 

特に何も変わりません。

 

 

以前に記述したまんまの生活が続いています。

現在PNG到着当初と比べて約-9kgとダイエットも順調です。

体調も相当調子いいです。

 

本日職場のProvincial Health Departmentの緊急会議がありました。

もちろん私も出席。

同僚になんの会議か尋ねても『詳しくは知らない。会議に行けばわかるよ。』とのこと。

『もしや、予算が来る目処がついたからその会議なのか?そんなわけないか…。』と思いながらも少し期待していったものの、相変わらず予算が来ないようでした。

IMGP1357

↑活動の1つであるコンドームディスペンサーの管理・コンドームの配布は相変わらず継続してできています。

 

 

今後の活動計画や、まず行おうとしている各地方の巡回の日程・宿泊先の予定などは提出しているのだが、やはり予算が相変わらず入らず、予定している活動は未だに手をつけられていない状況です。

このままただ待つだけでは芸がなさすぎるので、なんとか他のできることを考えていこうと思っています。

 

それと同時に、何で予算が来ないのかをきちんと調べる必要があるようです。

 

 

 

 

話は変わって、Enviromental Health OfficeにPCがきました。

…といってもメインオフィスから持ってきたやつですが、無いよりはオフィスっぽくなります。

IMGP1461

↑私のデスクがあるEnviromental Health Officeは泥棒に侵入されて2回PCを盗まれています。それゆえ書類を作成するのにわざわざメインオフィスまで行ってました。

IMGP1462

↑現在は仕事は割と暇なので、職場の人にMicrosoft Power Point、Excelなどを教えたり。2年後自分がいなくなってもWorkshopなどでプレゼンテーションや関連資料を自分で作ってもらわないといけないので、これも必要な仕事の一つだと思います。

 

 

 

 

それともう一つ。

本日、職場の人の親戚が薬剤のoverdoes(過量投与)による症状で他から隣にあるWewak Hospitalに転院して、現在入院しているということで、一緒に行きました。

IMGP1463

↑患者の足。皮膚がぼろぼろになっています。

IMGP1467

↑この症状は下腿だけでなく全身で出ています。

 

私が薬剤師であることを知っていたので、担当ドクターも来て病状等を説明してくれました。今はだいぶ安定してるようでよかったです。

とりあえず、この症状と写真をある機関に送って保障してもらうそうです。

 

やはり、薬剤の適正使用を怠ると大変なことになるなと再確認。臨床薬剤師の重要性を再認識しました。

そして、なんとなく、久々に薬剤師時代な感じを思い出しました。

 

 

なんか、今現在は感染症対策っぽくない事もやっていますが、まぁ、ぼちぼちやっていきます。



先輩Wewak隊員のO隊員の仲の良いお隣さん(以前私の前任者の帰国前にうちの家でパーティーをした家族)と先輩隊員の家でお食事会をしました。

IMGP1432

↑O隊員の家の玄関兼ベランダ。PNGは高床式になっている家が多い。

IMGP1433

↑夕方からぽつぽつ集まって料理の準備したり、のんびりビール飲んだり。

IMGP1435

↑Wewakは魚がおいしいです。刺身にしました。残りは魚料理の達人PT・E隊員が焼いて料理しました。

IMGP1442

↑隣の家族のママ達が伝統料理ムームーを作ってきてくれました。

IMGP1441

↑我々が作ったカレーをおいしそうに食べてくれる子供たち。

IMGP1444

↑クロスカルチャーな夕ご飯。我々が作ったカレーとツナの焼いた奴。そして、お隣さんが作ってきてくれたウミガメの肉のムームー(伝統料理の蒸し焼き料理)とフライドライス。ウミガメの肉は意外と美味しかった。

IMGP1449

↑みんな写真大好き。

IMGP1443

↑この子は特に写真大好き。ポージングきめてきます。愛嬌の塊みたいな子でめっちゃかわいい。ノリのいい音楽が流れるとチョコチョコとダンスしたりします。

IMGP1450

↑男前3人。真ん中のケレップ君(やったかな?)はめっちゃしっかり者。

IMGP1446

↑O隊員と隣の家族のパパ達。

IMGP1440

↑O隊員の愛犬ファティマ(白い方)と隣の家族の愛犬(黒い方)。よくケンカしてる。

 

 

 

…とまぁ、こんな感じで終始ワイワイしてました。

 

久々にカレーライスっぽいカレーライス(日本のカレー粉で作ったやつ)食べたけど、やっぱりカレーは最高ですね!

ちなみに私は、駒ヶ根訓練所でカレー食いすぎて太ったといっても過言ではありません。

 

 

それと、刺身もめちゃくちゃおいしかった!!

でも、やはり魚を生で食べるのは日本人くらいみたいですね…。

PNG人のこの家族も食べるのためらって(嫌がって)ました。

チャレンジした人はみんなおいしいと言ってその後もパクパク箸が進んでたけど、やっぱり最初は抵抗がかなりあるみたい。

 

 

あんなにおいしいのにね。

 

 

こないだ酢も買ってきたから、寿司でも握ってみようかな♪

IMGP1451

↑最後はお決まりのWewak隊員で写真。

こんにちは。

いつかはやられるとは思っていたが、残念ながらついにやられてしましました。

 

 

 

よからぬ想像をした方には残念ながら、そっちではありません。

猫の話です。

ついに猫に家の中でをされてしまったのです

しかもたらふくな量の下痢嘔吐で。

 

 

 

以前から記述の通り、我が家の敷地には4匹の猫(♂2、♀2)がいます。

特に私が飼ってる訳ではないのですが、まだ子猫の奴が私にめちゃくちゃなついてきてて、めちゃくちゃかわいいのです。

『愛想がとてもいい子猫(♀)』なのです。

IMGP1283

↑こいつです。

 

 

元来私は猫より犬派です。

なぜならば、猫は自由気ままで愛想に欠けるが、犬はなんといっても愛想がいい。ご主人様に従順なのです。

もちろん猫もかわいいと思うが、飼うならそんな愛想(愛嬌)がある動物がいいと思うのです。

 

 

『愛想(愛嬌)がとてもいい子猫』が非常になついてきてるので、最近とてもかわいがってました。

ベランダにエサを置いて部屋に戻ると、置いた瞬間にちょこっとだけ食べてすぐこっちについてくるような奴です。

IMGP1367

ちょっと移動すると、絶対ついてきて、↑↑こんな感じで足にスリスリしてきてそのまま足下で寝るような奴です。

同期のJ隊員公認のとってもかわいい猫なのです。

しかも、猫の相手してると暇な時もいい暇つぶしになります。

 

 

昼間は部屋の窓やベランダの戸を開けているので猫たちは比較的出入り自由なのですが、夜間や夕方は蚊が入ってくるので、猫たちを外に追い出して全部閉めっきてしまします。

 

みんなエサにつられて外に出て行って、一心不乱に食べておしまいなのですが、この子猫だけエサも食べずに『自分も中に入れてくれ』と言ってるようにずっとベランダの戸を爪でガリガリしてくるのです。

 

しょーがないので、しばらく部屋に入れて相手して、寝るときに外に出すと私が視界にいてると、またしばらく戸をガリガリして呼んできます。

IMGP1408

↑日中リビングの戸を開けてると、部屋からじーっと空と海を眺めてます。

 

 

こんな調子で2週間。

 

 

 

4/9 PM7:00

なんとなく、リビングのベランダ側の隅っこに段ボールで作った猫用のベット(箱)を作ってやりました。

IMGP1455

↑以前部屋の外に作った屋根付きの家。出入りしやすいように作って必死に教えたけど、気に入ってもらえなかった。

 

IMGP1405

いつもついて来ては↑↑こんな感じで膝(お腹)の上で寝るので、こっちも用事がはかどらないし、猫としてもしょっちゅう私に動かれたらうかうか寝てられんだろうと思い、寝るときは箱でゆっくり寝てもらおうと思いました。

 

最初は入れても入れてもエサを置いても何してもすぐ出てきて足下か膝の上に来るのです。

こっちも『人間様をなめるなよ』といわんばかりにだんだん意地になって、足下の段ボールを柔らかくしたり、ベットにフカフカの布(?っぽいやつ)敷いたりと住居環境を考慮したり、たまに外に追い出したり、バケツを上からかぶせて閉じ込めたりしてお仕置きしたり。

 

最後の手段で、しょうがないので、膝の上で寝かしつけて、眠たくてたまらないくらいにしてから箱に入れて寝かしつけました。

どうやら、上記の布が気に入った様子である。

 

それと同時に何やってんだろとふと思い返す。

 

 

 

4/9 PM9:30

完璧に寝かしつけて、起きてもやはりその箱で寝るようになり、その箱を猫の寝床だと認識させた事に優越感と安堵と喜びと勝利にひたっていた。

IMGP1431

↑どうやら気に入っていただけた様子。

 

 

 

4/9 PM10:00

ちょいちょい様子を確認しながらもよく眠っている。

かわいい奴よのぉ~♪と優越感にひたっていた。

 

 

 

4/9 PM11:00

パソコンでこのブログの他の記事をいじっていると、足下に猫が寄ってきてました。

 

言うことを聞いて箱でおとなしくスヤスヤと寝てたので、ちょっとくらい膝の上に乗っけてやるかと思い、持ち上げた瞬間、何か液体状の物がポトポトと落ちたような…。

気のせいだと思い膝の上で寝かしつけようとしてもいつもと少し様子が違う。

ふと短パンを見てみると茶色いシミが…。

 

 

 

はい。やられました。

 

 

 

とりあえず、その短パンを洗おうとバスルームに行くとさっそうと猫も駆け寄り、私から離れたところでじっとしてました。

 

いつになくおとなしい…。

しかも呼んでも足もとまで近寄らない…。

なんかいやな予感…。

 

 

 

はい。またもややられました。

今度は液体状を少しと、柔らかいけど、形のある固形状の割と大きなやつ。

          

 

 

 

ふと、短パンに行き着くまでに部屋の他のとこでやらかしてんのじゃないかと思い、パンイチのままリビングに戻る。

 

 

 

やっぱりね…。

ちょこちょこ茶色い液体が…。

と、大量の茶色い液体が…。でも少し固形物が混じり少し様子が違う。

 

 

 

便の性状等の観察は医療従事者としては気になる所ではあるが、とにかくリビングを大掃除。

そしてバスルームに戻り、バスルールでやらかした分の処理を考えた。

 

これが意外とやっかいだ。3カ所くらいに分けてやってやがる。

シャワーでとりあえず流したら早いなと思い、流してみる。

 

 

しかし、固形物の方が固形のままで流れない。しかも、シャワーの力で大きな固形から少し細かいのが分散した…。

 

 

 

 

あぁ…最悪…。

『固形処理→シャワーで流す』の順番にするべきだった。

 

 

 

 

どうしょうもないので、固形物をとりあえず処理。

固形物が無くなったのを確認後、バスルーム大掃除。

 

          

猫がエサを食うのと同じくらいに一心不乱に掃除してたが、ふと当事者の猫の存在が気になった。

あれだけ出せば少しは落ち着いたかなと思ったが、扉の裏に隠れててまだなんかあやしい。

 

洗濯物の近くにいたのでいやな予感がしたのでこっちへ連れて来て、掃除を再開。

 

 

 

 

ふと見ると、今度は大量の固形物混じりの液体が出てるではありませんか!

 

しかも、よく見ると後ろからではなく『ゲボォ~ッ!』といいながら口から出てる…。

 

 

 

『Vomitしやがったー!』

『リビングの固形物混じりの茶色い液体もそうだったのかー!』

 

 

 

このままではずっとどっか掃除しないといけないので、とりあえず猫を外に出す。

せっかく箱になじんだので、箱も一緒に外に出す。

おとなしくしていることを確認。

そして、バスルームの大掃除。

 

 

 

4/10 AM0:30

なんとか掃除終了。早速ブログの記事にする。

ブログを書きながら猫の様子をうかがってみる。

 

 

なんか、すごい凹んでる様子。

 

 

外に出してるのに、いつものように扉を爪でガリガリして来ない。

部屋でやらかしたのが猫的には『やってもうた感』でいっぱいなのか、甘えてくるのを少し遠慮するようになってしましました。

 

ちなみに外に出してからもう2発ほど下からやらかしたみたい。

 

 

猫はさらに凹んだ様子。

 

 

ずっと『しゅん…』ってしてます。

 

作った箱の中でいつになくおとなしく眠りにつきました。

明日もう一回全部掃除します。

 

 

 

 

そーいば、箱に寝かせるので夢中になって、トイレの場所を教えていなかった。

 

そして、そーいえば、3月半ばまで同居していた前任者が『扉開けてると、子猫がたまにバスルームで糞しやがるから気をつけた方がいいよ。俺は2回やられた。』といっていた。

 

そしてそして、そーいえば、猫が起きてきて私に近寄って来たのではなく、トイレのためにバスルームに行こうとしてたまたま私の近くを通った所を抱え上げられたからその反動で出てしまったのではないか??

 

 

 

 

う~ん…完璧自意識過剰だった…。

 

 

 

 

しかし、部屋でトイレはダメだと言うことはわかってるんだな…。

確かにバスルームにトイレもあるな…。

利口と言えば利口なのかもしれない…。

けど、バスルームの床やシャワールームでするのはやめてくれ…。

 

 

でも、極限状況ながら我慢してバスルームに行くくらいだから、やはり結構賢いのかもしれない…。

 

しかし、糞のみならず嘔吐はびっくり!

そーいえば、スゲー食べてたな…。腹パンパンだったし…。しかも、ミルク冷たいままやったし…。

反省です。

 

 

 

しかし、こんな夜中に大掃除するはめになるとは。

まぁ、寝た後じゃなくて本当によかった-。

朝起きていきなりこの状況だと、ちょっとこっちも凹みます。

 

 

 

 

やっぱり、犬とちょっと勝手が違うなとしみじみ感じたのでした。

 

そして、自分に子供がいたら絶対親バカになるだろうなとも感じたのでした。

 

 

以上! 長々とありがとうございました。

IMGP1457

↑最近この灰色のオス猫と特に仲良し。このまま仲良くやってくれたらいいのだが…。

WewakにはGutpelaスポットがいくつかあります。

私のお気に入りはタウンの海沿いにある『Yaht Club』!

ここはいわゆるバーみたいなところらしいんだが、昼間のランチがリーズナブルでめちゃくちゃおいしい!

(*ランチの写真は現在無いので、後日改めてUPしたいと思います。)

IMGP1182

↑Yaht Clubの店内。開放的な感じ。

IMGP1183

↑店内の違う角度。ランチも空いてて気分よく食事が楽しめる。

IMGP1181

↑海沿いにあるので、いい景色。

しかも、しばしば夜にクラブ的な感じで音楽ガンガンにかけてお酒を飲みながら喋ったり、踊ったりできる楽しい所です。

 

PNGの夜、特に外でお酒といえば危険な香りがするのが当然なのですが、ここは会員制で変なやつ(?)はこないとのこと。

 

我々Wewak隊員でも夜に外で安全に楽しめる唯一のスポットである。

 

 

このイースター休みに久しぶりにこのYaht Clubでナイト営業があるとのことで、イースター休みでWewakに来ているじゅんき隊員と共に行ってきました。

ちなみにもちろん私は会員ではないのですが、隣に住むハウスオーナーさんと一緒に行くので大丈夫とのこと。

というか、PNGは(すくなくともWewakは)日本人、特にJICA関係者は結構何でも顔パスしてくれるのです。

 

 

若干警戒しつつ、行ってみると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆってたとおり全然平和。

 

 

 

 

 

 

 

 

結構お金持ちの集まりで、客もその家族やら親戚やらみんな顔見知りの集まりみたい。

お酒をせびられるどころか、みんな結構おごってくれます。

 

他のWewak隊員のハウスオーナーさんやら、過去の隊員の事知ってたり、職場のすぐ近くに住んでて私のこと知ってた人や、とてもたくさんの人と仲良しになって楽しい一時でした。

一緒に行ってたJ隊員は飲み過ぎて帰りにVomitするほど楽しんだ様子。

そして、Yaht Clubの長年の会員さん(親分っぽい人、めっちゃいいひとです)とも仲良くなり、今後も誘ってくれるそうです。

 

今は時々しかナイト営業してないらしけど、なんか1つ楽しいこと発見した感じです。

次回はカメラ持ち込んで潜入したいと思います。

 

 

ちなみに以前このブログで書いた他のクラブは客が酔っぱらって暴れ出したり、銃持ってたりとやはり危ないらしく、行くのは辞めようと思います。

やはり、何かあってからでは遅いので…。

Hi! 相変わらず何の変化もない生活をしています。

4/2~4/5はイースターで学校や仕事はみんなお休み。

同期隊員で唯一陸路で行ける所に住んでいるじゅんき隊員がWewakに来ました。

 

 

じゅんき隊員が住んでいる街は、

 

・我がEast Sepik州の隣の州であり、インドネシアと面しているSandaun(West Sepik)州のAitapeという街。

 

・飛行機が飛んでおらず、首都に行くにも我が任地Wewakまで来なくてはならない。

 

・Wewak、Aitape間は悪路を車で早くて6時間~7時間。

 

・雨が降った後は途中の川が氾濫して進めない。→来た道を引き返すor車で1泊。

 

・行く以前にまずWewak行きの車を見つけるのも一苦労。もちろんWewakから帰るときも。

 

・車は運がよければトヨタのランドクルーザー。それ以外は大型トラックの荷台に人がぎゅうぎゅう詰め。

 

・Wewak到着後、お尻が痛くて2日間は硬い床に座れない様子。

 

・Aitapeにはあんまり物資がないので、しばしばWewakまで来て買い出しに来る必要がある。

 

・主食は葉っぱか缶詰。…と思いきや、たまに冷凍の鶏肉と卵と米も手に入るらしい。

 

・でも、珍しくパンが入荷して買ったらカビが生えてたらしい。

 

・調味料は、カレーパウダー、塩、醤油(?)、バター、調理油くらい。

 

・先日、近くの川が大雨で氾濫して、街が腰の高さくらいまで浸水したらしい。

 

・でも、田舎な感じで平和。治安は良好。

 

・田舎ながらも進学校で有名なSt.イグナシウス高校があり、日本語教師の青年海外協力隊派遣を長年行っている。

 

・みんないい人で楽しいみたい。

 

・青年海外協力隊っぽい任地といえる。

 

その他色々、何かと不便な所みたいです。

PNG4

↑私の任地とじゅんき隊員の任地。距離的には約120kmくらいだが、道が悪いためすごい時間がかかる。

 

 

ということで、じゅんき隊員はWewakに生活物品と食料を調達に来ました。

Wewakを一通りまわったり、買い物したり、おいしい食事紹介したり、猫と昼寝したり…。

Wewakはだいたい何でも手に入り、おいしいレストラン的な所もあるので、しっかり栄養補給できて、相当喜んで満喫した様子でした。

でも、Wewakのタウンでスリの被害にあい、80キナ(=約3000円くらい。80キナあれば結構買い物できる。)ポケットからすられてました…。

本人曰く、『全然すられた瞬間気づかなかった。平和ぼけしてたわ…。』とのこと。

 

う~ん…私は今まで全くそういうのなかったけど、やっぱり気をつけないといかんな…。

 

無事にAitape行きのバスを見つけたようなので、無事に再びAitapeに到着できることを祈る次第であります。

IMGP1397

↑じゅんき隊員とWewak隊員。みんなイースター休みで暇なので、とりあえずうちに集合して昼間っから『ようこそWewakへ!』会。

IMGP1402

↑相変わらずなついてくる猫。いつも足やお腹の上に昼寝しに来ます。

 

 

 

そーいえば、もう4月になりましたね。

PNGは雨期と乾期のみで一年中夏なので、なんか本当に気づかない間に時間が過ぎていく感じです。

今頃、日本は桜満開でみんな桜見ながら飲んだくれてるんだろうなぁ~。

日本の桜はやはりPNGの人々からしてもとても美しく、素敵だそうです。日本で桜を見たことがあるPNG人が絶賛してました。

PNGの生活は気に入っていますが、桜が見れないのはやはり残念ですね。

自分が日本人であることを実感します。

 

まぁ、2年後の楽しみということで☆

日本に住むみなさん!飲み過ぎに注意してくださいね~。

mah-kun

Author:mah-kun
2010年1月12日~JOCVで感染症対策隊員としてPapua New Guniea (PNG)で活動します★

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。